上京して自分ってとことん田舎者だと感じた瞬間

去年11月、10年勤めた職場を退職して上京してきました。

年内はゆっくりとしていましたが、そろそろ働かなければ!

ということで、初めての東京で仕事探しを開始!

転職サイトを見てたけど、さすが東京、色々とあります。何でもあります。

ありすぎてよくわからん…

やみくもに探しててもダメだと思い、勤務地や期間など条件を絞って再検索。今までしたことない仕事も色々と経験してみたいので、短期のものを中心に。

気になるのが1件あったのでとりあえず応募してみました。

そしたら「登録審査会に来てください。」とのこと。

登録審査会!?何それ!?

会社が直接求人を出しているわけではないんですね、派遣会社へ登録するためでした。

アラサーにもなって世間知らずな自分がこわい。

翌日さっそく登録審査会へ。指定されたのは高層ビルの40階。田舎者はそれだけで緊張です。

服装は自由となっていましたが、前職が結構お堅いところだった私はいくらなんでもカジュアル過ぎるのはダメだろうと思い、白シャツにジャケットで行きました。

ところが他の参加者の方々はジーンズとキャップとか…私の方が浮いてるような…

登録審査会はスムーズに終わりましたが、どっと疲れた1日になりました。

応募した仕事の採用結果は数日後にわかる予定。

さてどうなることやら。